おすすめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハラマキ3

さて、仕事の区切りがついたので、

ハラマキ作り、再開です。

糸を準備するところまでだったので、

次は、編んでみる。

まずは、小さな試し編みから。
DSCF2902.jpg
大きさが違ったりしていますが、

この3つの編地は、みな、同じ目数、同じ度目(目の詰まり、ゆるさ加減)です。

糸の本数取りと、添えたストレッチ糸の強度が違います。

プレーティングという編み方で、表目と裏目で違う色使いができる編み方をしています。

使っている色は、チャコールとライトグレー。

ストレッチ糸は、強さが2種類。


・左の一番小さいの
  チャコール1ply と グレー1ply のプレーティング 強いストレッチ糸

・真ん中
  チャコール1ply と グレー1ply のプレーティング 弱いストレッチ糸

・右の色のはっきりしたの
  チャコール2ply と グレー1ply のプレーティング 弱いストレッチ糸

(ply とは、糸の本数取りをいう時は、これをつかいます)


おなかの肌に近いところに、あるいは直接当たるのには、

とてもやわらかく、優しい風合いの糸です。

肌にすりすりして確かめます。


よさそうですよ。


それにこの糸は、静電気が起きない。えらい。


右の本数取りが1本多いのは、少し丈夫になるので、靴下や帽子にした方がよさそう。

今回は没にするけど、これはこれで、ネタとして取っておく。


左のと真ん中のだが、ストレッチ糸の強度で、こんなに違う。

強いストレッチは、キューーーーーっと縮まってこんなに小さい。

だから、少し、締め付け感があるかな。

で、第一候補は、真ん中、ということですが、

ちょっとゆるいかなぁ?????


今の、この編地で大きさは 丈15cm×巾6.5cm

ハラマキの大きさになったら、どんな感じだろ。


と、次のお題は、

ハラマキの大きさを、真ん中の編地で作ってみる。

少し柄も入れてみよう。

さて、では、編み機用のデータ作り。







懸賞をやってみる!

こ、こ、これで、、いいのか?!?!



懸賞のアプリがあるとやら、なんとやら、、、、

とりあえずやってみてます。

公開してみて、


「これで、ええんか???   これでええんか???」


と、おろおろする間にも、

Loop Design FB には、「いいね!」が、ピローン、ピローン、と、増えていきます! やった!


「外部にリンクを貼る」

というのも試した見たくて、ここに載っけてみたりして。



カエルの手袋プレゼント!


ハラマキが宙ぶらりんなのもわかっています。

珍しく、手編みの仕事なんか来て、せっせ、せっせと編んでいるのにも時間が惜しいです。

メインのお仕事でも、来秋冬の企画で忙しくなってゆきます。


でも、でも、こんな新しいことにも挑戦してみたりして。


こうして、オロオロしながらでも、いろんな操作ができるよう、鍛えられてます。


応募してね。

ハラマキの前に途中だったもの。

ハラマキの素材が届いて、糸を巻いてそのままにしてあります。

※「糸を巻いて」
 機械で編む前に、ワインディングという作業をします。
 1kg巻で届く糸をロウ引きして巻きなおすのです。


途中のものがあったからです。

帽子を作ってお店に並べておきたかったので作っていました。

柄を楽しめるように、手袋とマフラーもそろいで作りました。

こんなんとか、
ペンスタンドのマフラーと手袋ペンスタンドの帽子
こんなんとか。
シャチの手袋と帽子。マフラーもあるよ。
2柄、形は同じで、3アイテム、先に仕上げてしまいました。

写真を撮ってまとめて、昨日、「Loop Market Yahoo!ショッピング店」看板にUPしました。

そしたら、ショップの配置をやり直したくなっていじくりだしたので、

まだもう一方の「カラーミーショップ店」にはUPしてません。

とっととUPしてしまわないと。

これをやったらハラマキに取り掛かります。

全部一人でやっているので、

作業はいつもこんな感じに一つ一つ、

あれやって、んで、次はこれやって、、、、って感じです。


ホントはこのシリーズをもう1、2柄やりたいけど、

それよりは先にハラマキを作っておきましょうかね。



私は、常日頃、ニットのこと、会社のこと考えていますが、

良いアイディアが浮かんだり、まとまったりするのは、

朝の4時~7時の間が多いです。

睡眠をとって、夢を見た後は、頭の中が整理されているのでしょうか?

不思議なものです。


今回は、糸巻からいったんハラマキの作業を離れましたが、

おかげで、この、アイディアのゴールデンタイムを何回か通過できたので、

ハラマキの柄は、シンプルな3つにアイディアに絞り込まれています。


次のステップへアイディアがまとまること。

これは、とても大事な行動のアクセルになります。


だから、ちょっと、

「早く、ハラマキ編みたい。」

と、なっているところですが、

お店にUPする作業を終わらせてから。





とかなんとか書いていたら、仕事が来ました。

これもまた、うれしい足止め。


ネコが通り過ぎるマフラー

ネコが通り過ぎるマフラー

ペンギンのマフラー

ペンギンのマフラー


ハラマキ2

候補素材の資料が届いた。
DSCF2822.jpg

ハラマキ向きということで選んだ条件は、

まず、あたたかいこと。

単純に保温性が高いというだけではダメ。

ヒートテックなんてのも、今や、みんな、一つぐらいは持ってるでしょ?ってぐらい普及している発熱素材。

だから、発熱性はもちろん欲しいし、遠赤外線だとかも魅力的。

とにかく、

「これは、とてもあったかいのだー!」

という、説得力のある機能がないと。


それから、肌触りが良いこと。

肌に直接、もしくは近いところに、ぴったりとして身に着けるものだから、当然です。

私が仕事場にストックしている素材は、素肌に直接OKというものではない。

だからハラマキに手を出すということは、

これ用に別の素材を用意する=ストックを抱える

というちょっとしたリスクにもなる。

これも今まで、手を出さなかった理由の一つ。

だから、できれば、腹巻専用の素材になってほしくなく、

「あんなのも作ってみよう、こんなものもどうだろう?」

と、可能性の広がる素材の方がありがたい。


それから、「それ、よさそうかも!」

と思える、機能素材であること。

取り寄せた資料の中には、

「制電性」(静電気でパチパチしない)

「エアリー」(とても軽く空気を多く含むすぐれたバルキー性)

「抗菌・防臭」

とか、とか、能書きにはそんな単語が連発している。




ま、おもに、そんなこんな条件を満たす候補素材の中から、

私が使っている機械に合う糸の番手かどうか、とか、

もちろん柄を編みこみたいから、ストックカラーに使いたい色があるか、とか、

なんて、他の条件も、とか、とか、とか、、、、

あれもいいけど、この素材のここも捨てがたいし、、、

って、どれか一つに絞る。



こうして、書きながらも、手を止めては、これらの素材を見比べる。



「2種類、いっちゃおっか?!?!?!?!」

迷って、こんなことがよぎりますが、



もうちょっと悩む。





ハラマキ

「腹巻ほしい。」

というリクエストが多いです。

自分は使わない派なので、結構、個人的には未知のアイテムです。

もうだいぶ前になりますが、マシュマロタッチのキュートなものとかが出回るようになってからか、

種類も豊富に、身近なアイテムとしてずいぶん浸透したように思います。


そうそう、

「最近は、腹巻なんかが売れてるんだって。」

なんて、ニットのお仕事関連の方と話したのは、まだ、私がニットメーカーに勤めていた懐かしいころのこと。


そうして、世の中にはだいぶん浸透はしたものの、

自分で使うことがなかったので、

いざ、作って! と、言われても困る。

言われるたびに困って、ずっと、困ったまんまにしていた。


ハラマキというのはまた、位置づけも中途半端で、

衣料品のアパレルというより、下着業界、インナーの側のアイテムである。


だから、実は、仕事でも、セーターとかつくっている側なので、

ハラマキの仕様書とかは、ほとんど見たことがない。


「作って!」

という人の中には、

「あんなの、ただの筒っぽじゃない」

と、おっしゃる方もいた。

だから、「簡単でしょ!いいじゃない。」

って、頼む方はそんな感覚の時もある。

そんなときにも、私は困る。


丸く編むこと、柄を入れること、素材、機能性、デザインとゲージの関係、そして価格。

ハラマキなんぞでも、結構いろんなことが他の衣料アイテムとはちょっと違う。

そんなこんなで、私は、ずーーーーーっと、困っている。


もう困っちゃってるままもなんなので、

「うちは、腹巻は取り扱ってないから、、、、」

って言ってきた。

そういっているのに、

“ニット製品”“あったかいアイテム”⇒腹巻

「あなた、ニットやってるんでしょ。作ってよ。」となる。

あぁーーーー、困る。


私にとったら、そうゆう人たちは、お取扱いが無いって言っているのに、

何料理のレストランでも構わず、

「料理する店でしょ、作ってよ。」

って、寿司でも、ラーメンでもたのむんですかっ!

と、思うのだが、それがわかってもらえないらしい。


お寿司屋さんが、ラーメン作れるか?っていうと、作らないけど、作れなくもないかも。

って、思ったとしても、お寿司屋さんで、ラーメンを頼む人はいない。
(そりゃ、両方出せる店もまれにありますが、ここは単純に)


でも、もしも、もしも、お寿司屋さんが、ラーメンを作らなくてはいけなくなった!としたら、何をするだろう??

ラーメンを食べに行く?

材料やレシピをあさってみる?

私でもそうだけど、とりあえずは、「リサーチ」でしょう。


このところ、ネット見ても、腹巻ばかり見ている。

お店で腹巻を見つけてはひっくり返したりして見てみる。

あ、そうだ!

まだ、一つ買って使ってみる、って、やってない。

やんなきゃ。



「作れなくはないんだけど、、、」

何かこう、自分の作る環境の中でできるハラマキの的が絞れない。


だから、いろんなハラマキを見る。もっと見なきゃ。



そんな風に、う~~~ん、、うぅ~~~ん、、、

と、悩んで、考えて、昨夜、参考素材をいくつか取り寄せてみることにした。



私にハラマキコールをする周りの人たちに、

「あのぅ~~、、、うちで作るのは、こんなもんなんですけど~~~、、、」

と、遠慮がちにでも、お見せできる、何か、「物」があるだけでもいい。



確かに市場にはいろんなハラマキが出回っている。

どんなハラマキが、私に作れるか。




少し見えそうなので、素材を手にしてみるのが楽しみです。












おすすめ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
リンク
プロフィール

とも

とも
☆PATTERN STOCK☆の管理人 ともです。
仕事も趣味もニットです。

最新記事
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。