おすすめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵にして検討してます

4月の14日のブログで、課題用のスワッチの写真を載せましたが、

とっくに完成して、提出も終え、

こんな感じになっています。
DSCF3636.jpg

あの時のスワッチの写真、
DSCF3602.jpg
アイロンの左にある編地のグレーを濃紺にかえて編みました。


あの時は、ヴォーグ学園近くの釣り堀のことなど書いたりしてましたね。

あれから、立ち寄ってもみましたよ。

釣り遊びはしなくても、

金魚や、熱帯魚の売り場の水槽を眺めてる歩くのも楽しいです。

売り場のお兄さんに、「写真撮っていいですか?」と聞くと、

「どうぞ、どうぞ」と、快いお返事を頂いたので、

出目金を撮ってみたり、
1467269343426.jpg

優雅ならんちゅうを撮ってみたり、
1467269281956.jpg

おしゃれな熱帯魚を撮ってみたり、、、
1467269373906.jpg


そして、これは、朝、講座が始まる前に、駅から釣り堀を撮ったものです。

日曜日、朝の9時台でもこんなに混んでいました。
1467269315566.jpg
大人気!


さて、編地スワッチの方に話を戻します。

課題のフレンチスリーブのプルオーバーは、

こんなにこじんまりとしたアイテムなので、

100~200グラム使ったからって、糸がまだまだありまして。

スワッチはグレー、フレンチは濃紺を使ったけど、黒もある。

それで、こんなスワッチをさらに編んでみたりして。。。
DSCF3635.jpg

模様編み1000の723番を、

これもまた2色使いにしてみたのです。


Tシャツ感覚で着られるものにでもしようかな、、、

と、ノートの隅に、ごにょごにょと書いてみる。
20160630083444983_01.jpg

袖口から反対の袖口へ、横方向に編んでみるつもりです。

袖側に、白いポチポチの柄を入れて、、、

と編み始めたのですが、

スワッチの段階ではセンターを濃い色で、

長編み2段細編み1段のリピート柄にしようと思っていたのですが、

衿や裾はどっちの色にしようかなーーー?

とか、考えているうちに、迷いが生じました。


で、今日こんな絵を描いてみました。
(クリックしたら大きくして見れますよ)
DSCF3604.jpg

スワッチではセンターに使うつもりの所を、

濃い色1色で試し編みをしてみたけれど、

細編みの段を色を変えて、ストライプ入れたらどんなかな?

なんてことも思いついたので、

計8パターンの色配置の絵を作りました。

迷うなー。

普段お仕事でも、こんなようなことも依頼を頂いたりすることがあるので、

いざ、自分で作る時にも、たまには画像を作って検討材料に。



こうして書きつつも、

左一番上と、右下から2番目のどっちかかなぁ、、、

とか、まだ、迷い中。























モバイル用の準備

日本手芸協会の棒針とかぎ針の講師の資格を取ってから、

次は、指導員→準師範→師範じゃー!

と、上をめざし学ぶことに一直線な気分でしたが、

それを使ってみる!と、最近思いつきました。

で、今まで土曜日にやっていたLoop Design ニット部の月2回を、

近くのショッピングモール内の手芸店で

講師をすることにしました。

明日は、その初日です。

手芸店内での開催なので、

私の仕事場でやるニット部より、

材料や道具の調達にはとても便利です。

来てくれる人、いるかなー???


この講習では、ニット部と同様、

おのおのお好きにご自分の作品に取り組んでいただこうと思っています。

来てくださる方の手元を始終見つめているのもなんなので、

私も自分の編み物をしながらやろうと思っています。

なので、持ち運び用の作品をなにか準備しないと、、、、、

ということで、ナントなーく、仕事場にある糸をかけあわせて、

こんな糸にしてみました。
DSCF3618.jpg
ベージュやオフの2/48梳毛を8本に、1/16のキャメル色のキッドモヘアを1本入れてます。

それと、こんな糸、出してきました。
DSCF3620.jpg

お正月の福袋に入っていたモールヤーン。

どう使おうか、なかなか思いつかなくて、困っていたもの。

色の組み合わせは、よさそうなので、スワッチ作りにもアクセルがかかります。

そして、こんなの編んでみました。
DSCF3621.jpg

おー、使い道にあんなに困っていた糸が!

これなら、なんだか着たくなる!

てことで、設計。
DSCF3625.jpg

ブレンドした糸と、モールヤーンの糸量もきちんと計算して着丈とか調整して、、、

編み図をプリントアウトして、

モバイル準備完成。
DSCF3624.jpg

これから暑くなるというのに、

なんだか暖かそうなものを準備してしまいました。

他の物の合間、合間にゆっくり編もうと思います。















ペーパーヤーンで帽子

このところ100均のお店の手芸商品がとても充実していてびっくりです。

夏糸もいろいろな糸が並んでいます。

特に、ダイソーはとても種類が豊富ですね。

私も話題のペーパーヤーン、使ってみました。

1玉40g

去年、帽子作ろうと思って、とうとうつくらなかったので、

お休み中ダイソーのそばを通りかかることがあったので、

ネイビーの糸を3玉ほど買った来ました。

そして、前にデニムっぽい糸で編んだことのあるレシピを引っ張り出して、

これを参考にスタート!
13133328_1066404490097465_8959594269808700833_n.jpg

メジャーで頭周りの寸法を様子見しながら、

目数を少し調整。

サイドは編み方を変えて、

引き揚げ編みで筋を入れてみました。
1462787787379.jpg

この糸は、硬いので、一目一目

よっこらしょー、よっこらしょー、

て、感じに編みます。

なので思ってより時間かかったな。

でも無事、こんなになりました。
13151562_1066404543430793_6625366330637395146_n.jpg

編み上りは少しよれよれなので、

アイロンをしますが、

はたして、紙に蒸気をあててしまって大丈夫なのだろうか?!

と、仕上げはちょっと恐る恐るでしたが、意外と大丈夫。

まぁまぁ形も整えることができました。

そして、かぶってみる。
13173829_1066404576764123_228529967605681475_n.jpg

今日はたまたま、この前完成した、

七分袖ジャケットを着ていたのだ。

ついでにお披露目。

参考にした本はこれ。
20160509191351128_0001.jpg
2010年のほんで、もうアマゾンには見当たらなかった、、、

糸を買った日には、手芸屋さんで、この本も買ってきました。

これにはハマナカのエコアンダリアの作品がたくさん載っています。

今回の作は、トップからサイドのカーブがいまいちな気がするので、

この本の目の増し方も目を通しておこう。











自己流改善!

「私、自己流だから、、、」

編物のお友達からこんな言葉をよく聞きます。

私も結構そうです。


でも、

昨年から、手編みの資格検定に目覚めたり、

ニット部なんかで編み物のお友達を作って、わからないところの話なんかしたりすると、

今まで適当に「自己流」でやり過ごしていたところも

きちんとテキストを見直してみたり、

先生に教わったりします。

だから、悪かったところ、少しずつ直せています。


この前だって、かぎばりあみの

「糸を渡す」

こうゆうの↓
20160420083743904_0001.jpg



こんなふうにかかっているループを
20160420083743904_0002.jpg


びよ~んと伸ばすだけして

構わず次を編んでしまっていたけど、

これではダメなんですね。


このループをもっと大きくして、

こんなふうに糸玉をくぐらせ
20160420083743904_0003.jpg

一回引き締めてから、

糸を切らずに編み出したいところに引き抜きをして
20160420083743904_0004.jpg

編み出す。


というのを知り、

今までの私のかぎばり編み、

残念!

という気分に陥ったところでした。


今まで本などで説明があるところに出会えていなかったからなーーーー。

あったっけー?

そんなの書いてあるとこ、、、、

レシピ本ばかり見ていると、こうゆう小技、載ってることなどまずないわーーー。


ニット部を始めたころに、

自分も自己流が多いので、

困ったときのために

レシピ本以外に、

テクニックの解説書も買っておきました。

この本↓

これには「糸を渡す」の、この方法、載ってたよ!

もっと早くこのページ、見つければよかったのに、

こうゆう本は、買っただけで安心して、熟読しない。


でも、こういった解説書の中でも、

この本は、イラストが多くて、教科書っぽくなくて理解しやすくて好きです。



あ!

こうして書きながら「ふむふむ、」と、

この本を手に取って見直していましたが、

タイトルの頭に

誰も教えてくれなかった基礎のキソ

と、かいてあるではないか!

誰も教えてくれなかった

     誰も教えてくれなかった

             誰も教えてくれなかった

                   誰も教えてくれなかった



棒針のも持ってる。












練習用

かぎ針の成型ができるようになってくると、

一目一目編み記号を追って、

形に書き換えるのが楽しくなってきます。

これは2月から3月上旬ころまでとりかかっていたもの。
1013197_1022645181140063_1226067336803440224_n.jpg
練習用に編みました。

柄は、この本の029と226を使用。


春先にちょうどいいでしょう。

素材は2/48ウール30%アクリル70%の6本どり。


いつも通り、まとめて載せようかと思ったけど、

そのまま使った柄でのレシピは

著作とかの関係で、こうゆうところに出すのはいかんのかな?

(今までのがちょっと心配になってきたけど、、、)

と思い、

それならば、柄も自分で考えようかって、

こんなのを編み始めた。
DSCF3595.jpg

長編みと、細編みの単調な柄ですけどね。

ボーダーにして。

と、この写真を撮ったのは、今月16日。


今日は、ここまでできてます。
DSCF3597.jpg

あと、もう片袖と、縁取り、まとめです。

袖はボーダー2本だけにしてみました。


かぎ針は、柄がある程度ブロックになっている方が

数えやすくて間違えにくいですね。

これは、毎段、毎段、数えて、、、、間違えないように、、、、

それでも間違えるけど、、、、

でも、編み始めたころより、

一目一目に注意深くなるので、

目の見方が少し上達したような気がする!!!



おすすめ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
リンク
プロフィール

とも

とも
☆PATTERN STOCK☆の管理人 ともです。
仕事も趣味もニットです。

最新記事
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。