おすすめ

ペーパーヤーンで帽子

このところ100均のお店の手芸商品がとても充実していてびっくりです。

夏糸もいろいろな糸が並んでいます。

特に、ダイソーはとても種類が豊富ですね。

私も話題のペーパーヤーン、使ってみました。

1玉40g

去年、帽子作ろうと思って、とうとうつくらなかったので、

お休み中ダイソーのそばを通りかかることがあったので、

ネイビーの糸を3玉ほど買った来ました。

そして、前にデニムっぽい糸で編んだことのあるレシピを引っ張り出して、

これを参考にスタート!
13133328_1066404490097465_8959594269808700833_n.jpg

メジャーで頭周りの寸法を様子見しながら、

目数を少し調整。

サイドは編み方を変えて、

引き揚げ編みで筋を入れてみました。
1462787787379.jpg

この糸は、硬いので、一目一目

よっこらしょー、よっこらしょー、

て、感じに編みます。

なので思ってより時間かかったな。

でも無事、こんなになりました。
13151562_1066404543430793_6625366330637395146_n.jpg

編み上りは少しよれよれなので、

アイロンをしますが、

はたして、紙に蒸気をあててしまって大丈夫なのだろうか?!

と、仕上げはちょっと恐る恐るでしたが、意外と大丈夫。

まぁまぁ形も整えることができました。

そして、かぶってみる。
13173829_1066404576764123_228529967605681475_n.jpg

今日はたまたま、この前完成した、

七分袖ジャケットを着ていたのだ。

ついでにお披露目。

参考にした本はこれ。
20160509191351128_0001.jpg
2010年のほんで、もうアマゾンには見当たらなかった、、、

糸を買った日には、手芸屋さんで、この本も買ってきました。

これにはハマナカのエコアンダリアの作品がたくさん載っています。

今回の作は、トップからサイドのカーブがいまいちな気がするので、

この本の目の増し方も目を通しておこう。











自己流改善!

「私、自己流だから、、、」

編物のお友達からこんな言葉をよく聞きます。

私も結構そうです。


でも、

昨年から、手編みの資格検定に目覚めたり、

ニット部なんかで編み物のお友達を作って、わからないところの話なんかしたりすると、

今まで適当に「自己流」でやり過ごしていたところも

きちんとテキストを見直してみたり、

先生に教わったりします。

だから、悪かったところ、少しずつ直せています。


この前だって、かぎばりあみの

「糸を渡す」

こうゆうの↓
20160420083743904_0001.jpg



こんなふうにかかっているループを
20160420083743904_0002.jpg


びよ~んと伸ばすだけして

構わず次を編んでしまっていたけど、

これではダメなんですね。


このループをもっと大きくして、

こんなふうに糸玉をくぐらせ
20160420083743904_0003.jpg

一回引き締めてから、

糸を切らずに編み出したいところに引き抜きをして
20160420083743904_0004.jpg

編み出す。


というのを知り、

今までの私のかぎばり編み、

残念!

という気分に陥ったところでした。


今まで本などで説明があるところに出会えていなかったからなーーーー。

あったっけー?

そんなの書いてあるとこ、、、、

レシピ本ばかり見ていると、こうゆう小技、載ってることなどまずないわーーー。


ニット部を始めたころに、

自分も自己流が多いので、

困ったときのために

レシピ本以外に、

テクニックの解説書も買っておきました。

この本↓

これには「糸を渡す」の、この方法、載ってたよ!

もっと早くこのページ、見つければよかったのに、

こうゆう本は、買っただけで安心して、熟読しない。


でも、こういった解説書の中でも、

この本は、イラストが多くて、教科書っぽくなくて理解しやすくて好きです。



あ!

こうして書きながら「ふむふむ、」と、

この本を手に取って見直していましたが、

タイトルの頭に

誰も教えてくれなかった基礎のキソ

と、かいてあるではないか!

誰も教えてくれなかった

     誰も教えてくれなかった

             誰も教えてくれなかった

                   誰も教えてくれなかった



棒針のも持ってる。












練習用

かぎ針の成型ができるようになってくると、

一目一目編み記号を追って、

形に書き換えるのが楽しくなってきます。

これは2月から3月上旬ころまでとりかかっていたもの。
1013197_1022645181140063_1226067336803440224_n.jpg
練習用に編みました。

柄は、この本の029と226を使用。


春先にちょうどいいでしょう。

素材は2/48ウール30%アクリル70%の6本どり。


いつも通り、まとめて載せようかと思ったけど、

そのまま使った柄でのレシピは

著作とかの関係で、こうゆうところに出すのはいかんのかな?

(今までのがちょっと心配になってきたけど、、、)

と思い、

それならば、柄も自分で考えようかって、

こんなのを編み始めた。
DSCF3595.jpg

長編みと、細編みの単調な柄ですけどね。

ボーダーにして。

と、この写真を撮ったのは、今月16日。


今日は、ここまでできてます。
DSCF3597.jpg

あと、もう片袖と、縁取り、まとめです。

袖はボーダー2本だけにしてみました。


かぎ針は、柄がある程度ブロックになっている方が

数えやすくて間違えにくいですね。

これは、毎段、毎段、数えて、、、、間違えないように、、、、

それでも間違えるけど、、、、

でも、編み始めたころより、

一目一目に注意深くなるので、

目の見方が少し上達したような気がする!!!



こんなこともあるのね。

春先のショール、こんなのが出来上がりました。
DSCF3594.jpg
オークションかなんかで入手した、

昭和48年 雄鶏社から発行のこの本から。

少し太さを細くしたけど、本の通りに編みましょう、と、始めた。


本体はオフやベージュの糸を引き揃えて、優しいベージュに、

縁取り用は、その中の濃いベージュだけを引き揃えました。

クッキーみたいな色、気に入ってます。


が、!

本の通りに編むんだもんね!

と、何疑いもなく編む進み、

フィニッシュの縁取りが!
DSCF3596.jpg
角の柄、左右そろえようよ、、、、(;д;)

柄の個数が本は5.5個、私は4.4個で編んで、

「.5」←この数字で気がつけばよかった!


編み始めに一瞬、「.5とは、なんか、半端ね。」

って、思ったのに、最後まで編み図を確認しなかった。。。。


間違いではないんだけどね。

揃っていた方が気持ちが落ち着くというだけのことだけどね。


こんなこともあるのね。

今回の体得。

編み始める前は、作り方をよく見ましょう。









レシピ作りの合間に

オリジナルを編み終わった後、

一気にレシピのまとめができればよいのだけれど、

億劫な仕事なので途中ですぐ飽きてしまいます。

でも、私がレシピをまとめるのは、締切などに追われて書いているわけではないので、

マイペースで気ままにやります。

どうしても、糸に触れて編んでいる方に気が行ってしまったりもしますし。


なので、昨日UPしたレシピができる合間にも、

こんなものができています。
DSCF3587.jpg

このぐらいの時期になると、

「今年も楽しいお花見できるかな。」

と、わくわくしたりします。

そして、お花見にちょっとはおったりできる、ショールか何か編んでおきたいな、

と思っていたし、

オリジナルを少し頑張ると、

本の通りの物も編みたくなってきたりして。


仕事場に転がっていた糸を適当にブレントして、

なかなかきれいなみどりです。

お正月に暇つぶしに寄った本屋さんで買った、この本からの1点です。


サイズが大まかなアイテムなので、

ついついさぼりたくなっちゃうゲージ確認をスルーしてもいけちゃいそうです。
(ゲージ確認サボり、決してお勧めするわけではないのですが、、、)


毎週土曜日、私の仕事場で開催している

ニット部

に編み物をしに来てくれる方が「私も編みたい!」と、言ってくれることを期待して、

DSCF3591.jpg
3色のブレンド糸を作ってみました。



「ショールか何かを作りたい」

と、思って編み始めて、

ボレロを編んでしまってので、

ショールも欲しくなってきます。

糸のブレンドも他にもいろんな色が作ってみたくなってきたりするので、

只今、ショールを編み始めてしまいました。



つづくよ、つづく、いつまでも。



けど、この頃は、編みかけのままほかしてしまうことをやらないようになって、

我ながら、ちょっと成長したと思っていたりして。







おすすめ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
プロフィール

とも

とも
☆PATTERN STOCK☆の管理人 ともです。
仕事も趣味もニットです。

最新記事
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ