おすすめ

一気にラストスパート。

糸を、買いに行ったとかなんとか書いておいて、どんぐらいたったっけ???

私が手編みの編み物をする時間は、土日の空いた時間、

朝、出勤前の20~30分、程度です。

そんなんでは、セーター1枚編むのに、何日かかることか、、、、


だから、小物を編むことが多いんだけどね。


だけど、今回は、なんだかやる気が出たのか、セーターなんかに取り掛かってしまったもんだから、

もう、一気に追い込んで編み終えてしまうことにしました。

そんで、できたのがこれ。
Picture022013_135718.jpg
裾と袖口と衿(ニッターさんとかは「付属」と言ったりする)は1コースごとに色を切り替えて、

裾には地味ですが、ジャカードを入れてみました。

ズン、ズン、とはっきりしたケーブル柄のリピートで、

メンズなので、かわいらしくなりすぎないようにしました。

ケーブルのひねりの間隔がもう少し開いていてもよかたっかな。

ひねりが近いと、コロコロしたケーブルになっていまうから。

もう少し間隔があいて縦長なケーブルのほうが、恰好よかったかも。

意外と、こうゆうこともあなどれない、ケーブル。


このケーブルの部分は、今朝、PATTERN STOCKにUPしておいたので、

使ってみようかな?、って方は、「ケーブル・アラン柄」の3ページ目、No39見てね。

ジャカードの部分も、載っけるようにしないと。。。。


ジャカードの部分とケーブルの部分は同じ7号針を使ったけど、

編みあがる巾が全然違うので、切り替えの部分では、増し目をします。


2種類の編地の試し編み(ニッターさんとかは「スワッチ」って言ったりする)したら、ゲージを測って、

寸法は、メンズのセーター売っているサイトから、商品の寸法を、

「ふむふむ、、」と、見たりして、目数を割り出します。

(といっても、大体の数字は仕事上、頭の中に入っている。けど、見る。)

濃い方の糸はモヘアだし、メイン(ニッターさんとかは「グランド」と言ったりする)の糸は甘撚りの糸なので、

針を使って閉じるゴム編み止めはやりにくいので、

衿は、伏せ止めして折り返してダブルの衿にしました。

ゴム編みの編み始めや、編み終わりがゴム用でないのは嫌い。


衿を編むところにきて、色をどうしようか迷ったので、

こんなことしてみました。
Picture021913_180201.jpg
はぎ合わせる前の袖を、衿みたいに置いてみて、

グランドカラーなのと、付属をそろえるのと、どっちがいいかなー、って、

写真を撮って見比べます。


こうして見比べるのは良い方法だ。


まー、そんな、要所要所を、こんなふーにしながら、出来上がってゆくのです。


ずっと、こんなことしてたいけど、仕事も来た。

やんなきゃ。

これもありがたいし、好きなことです。

今日のは、和風柄の編地のシミュレーションて仕事。やっぱりニット。

なかなか、幸せ。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
プロフィール

とも

とも
☆PATTERN STOCK☆の管理人 ともです。
仕事も趣味もニットです。

最新記事
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ