おすすめ

2×1リブ、2×2リブ

裾や、袖口のゴム編み、

手編みでは、一目ゴム編みとか、

2目ゴム編みなんかが多いですよね。


店頭に並んでいるニット製品、では、

手編みで言うところの1目ゴム編みと同じゴム編みのことを、

1×1リブ(「いちいちりぶ」と読みます)といい、


手編みで言うところの2目ゴム編みと同じゴム編みのことを、

2×2リブ(「にーにーりぶ」と読みます)といいます。


ところが、この、2×2リブの方、ニット製品では、見た目には、2目ゴム編みのようで、2×2リブとよく似た

2×1リブ(「にいちりぶ」と読みます)というリブの方が主流です。

2×1リブと2×2リブ、どちらも、2目の表目、2目の裏目が並んだゴム編みのことです。



2×1のリブ、これ、時々、「表目が2目で裏目が1目のリブ」と、間違えられます。

「表目が2目で裏目が1目のリブ」←これ、× ぶっぶーっ ×、です。


では、2×1リブと2×2リブ、どう違うのか???

先日、解説を求められ、私が作った画像がこれです。

2目のリブ

右側に、手書きも加え図説を加えてあるのは、機械の針の並びのことで、

ちょっと、いまいちわかりにくいかもしれませんので、

ひとまずすっ飛ばして、編地の方を見てくださいね。


編地を見て判断しやすいところは、

ゴム編みから、天竺に切り替わるところ、

2×2リブは、表目2目と表目2目の間、

(あるいは裏目2目と裏目2目の間)

上の天竺をたどると、天竺目が2目ありますが、

2×1リブの方は、これが1目になってしまいます。

でもどちらも、表目2目、裏目2目のゴム編みのことです。


私のチャラ描きなんかより、

もっと丁寧にわかりやすく解説してくださっているサイト、勝手ながら引用させていただきます。

「丸安毛糸株式会社」

「ゴム組織のいろいろ」

「ニッティングバード」


先日、仕事で、

「また、この話か、、、」とつまずくことがあったので、

また誰かに、説明が必要な時のための覚書とさせてください。

公開してくださって、有難うございます。



ちなみに、これについて、PCで検索中にも、

× ぶっぶーっ ×

の方の解釈を説明してあるところにあたって、あーあ、、、と思ったりもして、、、




正しく理解されていない 2×1リブ、

アパレルにお勤めのプロの間でも、けっこうよくあるお話です。





毛糸だま 2015年 春号 No.165 (Let’s Knit series)毛糸だま 2015年 春号 No.165 (Let’s Knit series)
(2015/02/05)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
プロフィール

とも

とも
☆PATTERN STOCK☆の管理人 ともです。
仕事も趣味もニットです。

最新記事
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ