おすすめ

表目と表編は違います。

ニット部なんてはじめてみて、

この間の土曜日で二回目。


すーーーんごく、久しぶりや、まったく初めて

編んでみるお方々も、参加してくださっています。


棒針編みにチャレンジのお方と編んでいて気づいた、とても単純なこと。

単純過ぎて意識していなかったこと。


「表目(一目のこと)と、表編(編地のこと)は、違います!


「まずは、編んでみましょうか。」

なんて、針と糸を持ってもらって、適当な目数、掛け目の作り目をする。

で、表目を一段、編んでみる。


よいしょ、よいしょ、って、頑張って編んでもらう。


「では、1段終えたら、ひっくりかえして、、、、、」


編める人なら、ここで、裏目を編む場合の方が多いのですが、


「もうちょっと、しばらく、表目編んで、慣らしましょうか。」


と言って、できる編地は、ガーター編みです。


ごくごく当たり前のことですが、ガーター編み(パール編み)で、

もっと基本に見える、表天竺ではありません。


アシェットの「棒針あみ」で、簡単な編地のスワッチを作っていたのが

編地の説明の役立ちました。
DSCF2760.jpg


私が棒針編みで最初に作ったものは、

ガーター編みの、マフラーかルームソックスでした。

どちらが先か忘れたけど、最初の2作が、ガーター編みでした。

一つ覚えると楽しいから、

その次も、同じルームソックスを編んでいたかもしれませんが、ちょっと覚えてない。

でも、そうすだると、3作目もガーター編み。


最初は、表目の単純な連続でできる「ガーター編み」からやってみる。



棒針の編み物をする方の、一番最初の作品は、ガーター編みだったって人、

一体、何パーセントぐらいいるかしら?

予測、20~30%、かな?

それとも、あるいは、輪編みからはいりますか?


もっとお仲間が増えたら、今度、調査してみよ。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
プロフィール

とも

とも
☆PATTERN STOCK☆の管理人 ともです。
仕事も趣味もニットです。

最新記事
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ