おすすめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーター編みの止め

先日の研修会でガーター編みの止めを教わりました。

この前完成したセーターは、

たまたま、裾、袖口などをガーター編みにしています。

ちょうどいい時に教わった!


完成は研修会前だったので、ふつうの伏せ止めできつくならないように注意しながら止めました。

これはぜひ、止めの所だけやり直しです。


やり方は簡単。

①右側から2本すくって糸を引く(棒針からはまだ外さない)
IMG_1797.jpg

②左側から1本(←①ですくった2本の右)をすくって針から外して糸を引く
IMG_1798.jpg

と、これだけの繰り返しです。

右からすくうことを「正にすくう」

左からすくうことを「逆にすくう」として、

正に2すくって逆に1外す、、、と繰り返して進みます。


必要な長さは、止める長さの2~3倍ぐらいだと思います。

伏せ止めをほどいた糸をそのまま使ったら少し余りました。

伏せ止め(上)とガーターの止め(下)比較です。
IMG_1799.jpg
伏せ止めだと、チェーンの目が出るけど、

ガーターの止めは、編地との続きがきれいです。


伸縮性もばっちり!

という写真を撮ろうとしたのですが、

シャッターを押す手とひぱって見せる手が足りませんでした。

袖口引っ張りの比較を断念した写真。
IMG_1801.jpg

撮れなかったけど、2割ぐらいは多く引っ張れます。


このやり方、どこか本に載ってたりしないかと、

手持ちの本をいくつか見たけど、載ってなかったです。


こういった細かいテクニック、

自己流や独学では発見しにくいですが、

教えていただけるところへ出向くと、

1人でがんばるより断然増えますね。




スポンサーサイト
おすすめ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
プロフィール

とも

とも
☆PATTERN STOCK☆の管理人 ともです。
仕事も趣味もニットです。

最新記事
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。