おすすめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5号まで来てます。かぎ針あみ。

今回は、第4号と第5号がまとめて届きました。

今のところ、続ける気でいます。

120号まであるらしいです。

週間 かぎ針あみ

1号づつのお届けが、2号づつになり、4号づつになるらしいです。

週間なので、1月に1回、4冊まとめて届くようになるのです。

これは、挫折の予感をさせるポイントになるような。。。。

でも、5冊届いた時点で、各号に毛糸玉が1個づつついているのですが、だんだんカラフルになってきて楽しいです。

これは、続ける気分が盛り上がるポイントです。

初回390円、その後は毎号890円

390 + 890×119 = 106300

買い続けると、カラフルなモチーフのブランケットが出来上がるそうです。

それを120週、2年ほどかけて、10万6300円かけて作るのです。

トータル金額を見ると、「アクリル毛糸のブランケットに10万円以上もっ!」って思うかもしれないが、

他にもレシピや編み方のアドバイスが付いているし、

2年間、おけいこ事に通うことを思えば安いか。

これは4号の編地を作り終えたところ。
DSCF1062.jpg
ほらっ!本から編地が出てきたみたいで楽しいでしょ!
(きたらすぐ、本の部分はバインダーにまとめます)
 
購読の申し込みをする時に、他の似たような 「週間何とか」 みたいなの、ネットで見てみました。

みなさん、お値段、購読期間、等々で様々な葛藤があるようです。

「そうゆうものなのだ。」と了解したうえで、申し込み。

今のところ、今回の私の場合、気長にやっていればコンプリートできそうです。

おけいこ事との比較なら、、と、書きましたが、確かに、他の編み物のレシピ本とかとはちょっと違いを感じます。

ブランケットのモチーフ以外のレシピは毎号3種類づつくらいついています。

890円にしては超少ないです。 毛糸玉は季刊で1300円。

掲載数の比較からすると少ないけど、ブランケットのモチーフを編みながら、フムフムと眺めていると、印象に残るので、後から振り返ったり、オリジナルのものを作るの時のヒントには有効です。

途中で投げ出した作りかけを、過去にたくさん放出している私にとって、毎週1個づつ、小さなモチーフで完成気分を味わうやり方は、今後、大作完成の道のりのヒントにもなるかもしれない!  とかも思うし。

だから、他の編み物の本との比較というより、おけいこ事との比較です。


でも、このシリーズって、海外の雑誌がもとになって日本用にリメイクして販売されているんでしょうか?

レシピが、編み図じゃなくて、1段ごとに言葉の解説になっていたりします。

こんな些細なことでも、見方が変わると、なんだか刺激になるようで、新たな発見があるようです。

読んで理解するもんだから、編み方の名称なんかには「そうゆう風に言うんだ!」みたいなのがいくつかありました。

(今まで記号見て編んでいてすっとばしていました)



次は何色の毛糸が付いてくるんだろう?????

プチわくわくしながら楽しく続けていこ。







スポンサーサイト
おすすめ
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
カテゴリ
リンク
プロフィール

とも

とも
☆PATTERN STOCK☆の管理人 ともです。
仕事も趣味もニットです。

最新記事
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。