FC2ブログ
おすすめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフガンのカーデ、できました。

編み始めはもっと前かと思った。

振り返ると前回のブログは5月17日。

そのアフガン編みの習作が上がったので書いているところです。

あみ方のまとめを作るの、やっぱりおっくうだから、

随分とだらだら作ったつもりだったけど、

1か月ほどで仕上げたのならまぁよしとしましょう。
(クリックしたら大きくして見れます)
ロゼの赤い半袖カーデ

使った糸はどちらも廃番になっているものだけど、練習用だから。

で、できたものはこれです。↓
image1.jpeg

かわいい赤だったので、少しくすませようかと思い、カーキ色の糸が残っていたのを思い出し合わせてみたのです。

ベージュ系なんかもよかったかも。

種類の違う糸を合わせて編むとき、

アフガン編みは細かく混ざってくれる(う~ん、表現が難しいのですが、、、)感じがして気に入っています。


この1カ月が長く思えたのには濃厚だったからのように思います。

・手編み師範になれた。
33027651_1936606819743890_1753173644130910208_n.jpg
求心編みの講座の1作目を仕上げた。
・実は、他のアフガン編みの作も着々と進んでいる。 
 IMG_3436.jpg
・編み検の講習会に参加した。
・お仕事では御新規さんラッシュだった。
とか、とか、、、

あ!そう、そう、、

ニット部にも変化があって、

師範になって、編み物教室の看板を掲げられるようにはなったけれど、

ニット部を開催している私の職場を「編み物教室」として使うのは、本職の手前、非常に気が引ける。

編み物の先生は週末に近所の手芸屋さんでやっているので、

そちらは継続することにして、ニット部の方は終了しようと判断しました。

来月7月14日で最終回です。

5年ほど続けたことになるかしら、、、お友達も増えて、楽しかった!

いっぱいお勉強にもなったし。

お付き合いしてくださった方、ありがとうございました。

これからも仲よくしてね!


さてさて、次は、そのアフガンの編みかけを仕上げるとか、

求心編みの次の作にとりかかるとか、(明日は月に一度の受講日です

9月の編み検のための受験勉強とか、、、、

いろいろあるけど、いいペースでいろいろこなしているから、

大丈夫だと思う。

遊んでる余裕も、実はある。

縫い物したり、、、ジグソーパズルしたり、、、、
35189852_1967172703353968_8984995081274523648_n.jpg





スポンサーサイト

アフガン編みの作、編み始めました。

今度の日曜日で、とうとう、編み物師範科の最終日です。

私も、師範になれる!!!


でも、課題消化はとっても楽しかったのに、

それが終わってしまう!


と、受講ロスを懸念して、

先月から、ヴォーグ学園の、

「計算なしで編める求心編講座 」

というのを受け始めました。


「計算なし」!!!

なんだか手抜きが出来そうな感じもします。

手抜き、というか、いや?そうでもなかも、、、と感じた1回目の講座は先月、

なにやら、編みの設計の仕方が独特で、なかなか面白そうですよ。

ま、とりあえず、次回行ったら、作品の進行となりそうなので、受講ロス回避、と。


さて、師範まで、いろいろ教わってきたわけですが、

オリジナルの製作の幅もグッと広がったように思います。

なので、これからも、編みたいもの、楽しいことでいっぱいです。

そこで、もっと編んでみたいのが、

準師範から課題に入ってきた、「アフガン編み」!


むかーし、1、2点作ったことがあるような、、、、

という状態でしたが、

改めて取り組んでみると、これがなかなか面白い。

習作をいくつか編んでみたいところなのです。


そして、先日、お友達がネットで糸を買うのに便乗して(送料無料にしてあげたのよー)

「手づくり 広場 イチカワ」

というところで、ハマナカの廃番のお買い得糸を買って編んでみています。
IMG_3287.jpg
カーキグリーンの糸は、課題を編んだ残りの糸。

いいのができるといんだけど。





色彩検定受けてました!

昨日、色彩検定1級の証書が届きました。
IMG_2973.jpg
昨年秋は、ここもおろそかに(いつもかも)、このお勉強していました。

おかげさまで、1発合格です!


2、3年前、編み検の講習会を受けたとき、色彩に関する講座の先生が

「ついでに、色彩検定取っちゃってもいいかもしれませんね!」

と、おっしゃったのがずっと気になっていたのです。


今は私は、手編み師範科受講中で、カリキュラムの中には色彩のお話も入ってくるので、

やっておいてよかった!って実感しています。

実際、お勉強はとっても楽しかったので、ホント、やってよかったです!


では、お勉強の記録を簡単に残しておきます。


これのためにやったこと。

スタートは、8月下旬頃。
試験日1次11月12日 2次12月17日
期間は4ヶ月。

・余計な編み物は封印。
準師範の講座は、9月で終わり、師範科の講座は、11月下旬のスタートだったので、ほぼ講座の狭間にあたりちょうど良かった。

・2級、3級のテキストを2冊ほど図書館で借りてきて読み流す。

・1級テキストを買って、サラーっと何回か読む。

・ネットで勉強法、攻略法など調べて、暗記事項をチェック。

・暗記事項対策
①シートにまとめる
カラーチップを貼ったりしたから、結構キレイ。
②単語帳にする
(これは割と、書いただけ満足になりがちだった。)
③慣用色名のアプリで、色の名前あて問題をした。(ジムでウォーキングの最中)
④テキストの気になるページは写真に撮って、スマホでいつでも見れるようにしておく。
(夜中ふと目覚めた時なんかは、お布団の中でもお勉強可)

・公式テキストの他に、参考書問題集は、2冊揃えた。
 全問2回はやった。間違えたところ、苦手なところとか見えてくるのでテキストをシツコク読み返す。

と、こんな感じて、11月12日の一次試験を迎える。


12月17日の2次試験まで
・攻略法サイトにある表なんかの丸暗記ものは、1日に1回は書く。
最初は答えを見ながら、だんだん見なくてもできるようになる。

※攻略サイトとは:「色彩検定」とか「色彩検定 1級」とかって検索して出てきたサイトをいろいろ読んでみました。
  とっても助かりました!
  ブログ等でいろいろ書いてくださっている方、感謝です!

・どーしても頭に入ってくれないところは、付箋に書いてトイレに貼る。最小限にする。

・2次試験用の問題集は1冊買った。あんまり出ていないので、逆に1冊しか買えなかった。
これも、全問2回。

過去問題は、割高に感じたので、買わなかったからやってません。
もちろん、やった方が安心に越したことはない。

と、こんな感じです。


後半は、軽くとり憑かれてきているので、

普段の生活でも、見る色、見る色、「これは、××の●!」っとかってなってきます。



受験だなんて、相当久々の経験でしたが、

緊張感とか、不安感とかが、10代の頃感じてた物より、ワクワクとした、アトラクション気分だったように思います。

今年は9月の編み検毛糸1級よ!!


   

透かし柄は苦手

今日は久しぶりに(いつも久しぶりでごめんなさい)

こんなの作ってみました。

透かし 48
ps0411a.jpg

透かし柄や、ケーブル柄などの場合、

手編みの編み目記号は、

記号の所で、ひねる、移すなどの操作をしてから編みますが、

機械編みの島精機の編み目記号だと、

それが逆で、

編んでから、操作をします。

あ?手横の機械編みもそうか。

ジャーっとキャリッジを動かして編んでから、操作をします。


編み図をかいていると、

これがたまに混乱のもとになります。


たとえば編み記号のかけめ 「○」

棒針編みだと、記号の所はまさしく糸がかかっているのですが、

機械編みだと、次の1コースを編んだところで、

かかった目ができます。


編んでいるときもそう。

「○」←この目って、不安定だから、

次の段で拾うところを間違えそうになる。


ちょっと苦手克服と思って、いくつか編んでみようかなぁ。

志田ひとみさんの本とか、

クンスト編みの本とか参考に。

  

ガーター編みの止め

先日の研修会でガーター編みの止めを教わりました。

この前完成したセーターは、

たまたま、裾、袖口などをガーター編みにしています。

ちょうどいい時に教わった!


完成は研修会前だったので、ふつうの伏せ止めできつくならないように注意しながら止めました。

これはぜひ、止めの所だけやり直しです。


やり方は簡単。

①右側から2本すくって糸を引く(棒針からはまだ外さない)
IMG_1797.jpg

②左側から1本(←①ですくった2本の右)をすくって針から外して糸を引く
IMG_1798.jpg

と、これだけの繰り返しです。

右からすくうことを「正にすくう」

左からすくうことを「逆にすくう」として、

正に2すくって逆に1外す、、、と繰り返して進みます。


必要な長さは、止める長さの2~3倍ぐらいだと思います。

伏せ止めをほどいた糸をそのまま使ったら少し余りました。

伏せ止め(上)とガーターの止め(下)比較です。
IMG_1799.jpg
伏せ止めだと、チェーンの目が出るけど、

ガーターの止めは、編地との続きがきれいです。


伸縮性もばっちり!

という写真を撮ろうとしたのですが、

シャッターを押す手とひぱって見せる手が足りませんでした。

袖口引っ張りの比較を断念した写真。
IMG_1801.jpg

撮れなかったけど、2割ぐらいは多く引っ張れます。


このやり方、どこか本に載ってたりしないかと、

手持ちの本をいくつか見たけど、載ってなかったです。


こういった細かいテクニック、

自己流や独学では発見しにくいですが、

教えていただけるところへ出向くと、

1人でがんばるより断然増えますね。




おすすめ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
プロフィール

とも

とも
☆PATTERN STOCK☆の管理人 ともです。
仕事も趣味もニットです。

最新記事
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。